血圧を測定する医者と薬
  • ホーム
  • 高血圧が引き起こす恐ろしい合併症とは

高血圧が引き起こす恐ろしい合併症とは

薬を飲んでいる女性

高血圧症の患者は社会の高齢化とともに増加傾向にあると言われています。
現在、治療を受けている高血圧症患者の数は本邦で1000万人と言われており、治療を開始していない患者も含めた場合にはその数は倍近くなる、と話す研究者もいるほどです。

しかし、血圧が高い、というだけが高血圧症の症状ではないのです。
高血圧症の最大の問題点は、持続する高血圧は心臓や血管などといった循環器に大きなダメージを与え、心筋梗塞などの心疾患イベントの発生率を跳ね上げることにあります。
血流胴体を確保し続けるために、全力で心臓が活動している間に、心肥大や弁疾患などの心臓の変性を招く場合があります。
この心疾患がやがて不整脈や血流の乱れを生み、やがて血栓の発生率を跳ね上げるのです。

高血圧の患者は脳梗塞リスクが正常血圧の人に比べて非常に高い、というのは高血圧の持続が心臓や血管に負荷をかけ続け、やがてその働きの一部に乱れが生じてきたときに血栓を形成します。
これが心房に生じ、血行に乗って脳に至って血管を塞ぐのが脳梗塞、心臓を栄養する冠動脈に入り、血管を塞ぐのが心筋梗塞です。

また、血栓を伴わない合併症でも高血圧の影響は血管に現れます。
血管の強さは血管壁の筋肉や繊維の構造に基づいた弾性による許容力、一般に壁応力と呼ばれるもので評価されるのですが、これは高血圧を伴わない場合でも加齢とともに進行的に低下します。
しかし、高血圧症患者ではその比ではないスピードで血管の劣化は起こり、動脈硬化の様相を呈します。

高血圧にさらされ続けた血管は、血流に耐えるためにゴムのようなある程度自由に変形できる柔らかさを持った形から、コンクリート管のような頑丈な組織へと自身を作り変えます。
これが動脈硬化の進行機序ですが、ゴムが歪むことによって衝撃を逃がしていたのに対してコンクリートは受けきることしかできなくなります。
ダメージが積もりに積もって、やがて血管壁の強度が血圧以下になると血管壁は破れ、高い血圧のまま大出血を起こします。
この動脈解離も高血圧の末期合併症です。

糖尿病で高血圧の場合は動脈硬化になりやすくなる

糖尿病も厄介な病気です。
インスリンという血糖値を下げるホルモンが十分に働かない病気ですが、この結果血糖値が高い状態が持続し、糖尿病は高血糖が持続する病気である、と考えている方が多いかもしれません。
しかし、インスリンの働きは全身の細胞に血糖を取り込んでエネルギーにしていいよ、という指令を伝えることです。
つまり、インスリンが働かない場合、血糖は細胞のエネルギーにはならず、腎臓から排出されます。

しかし、身体も生き続けなければならないのでどこからかエネルギーを入手しようとします。
その貯蔵エネルギーこそ筋肉に含まれるアミノ酸や脂肪なのです。
つまり、糖尿病患者の血液中には血糖がたくさん含まれているのに加え、アミノ酸や脂肪もたくさん流れているのです。
この脂肪が厄介で、適切な量が流れているならばエネルギーとして優秀な物質なのですが、たくさんの脂肪が血中を流れている場合、血管壁にエネルギーとして使われず余った脂肪の一部が沈着してしまいます。
脂肪は血管にとって異物なので、隔絶しようと繊維で覆います。

高血圧患者での動脈硬化は繊維が増えてゴムのようだった血管壁がコンクリートのようになる、という仕組みで血管が硬くなっていました。
糖尿病に伴う高脂血症が背景にある場合も同様に、血管に沈着した脂肪を中心に高度な繊維化が起きます。
この繊維化が強く起こって厚くなった血管壁のところは血栓が引っ掛かりやすく、この肥厚が運悪く冠動脈などの主要な血管に起こった場合は狭心症や心筋梗塞などを引き起こす可能性が跳ね上がります。

高血圧症も糖尿病も生活習慣病です。
今後、どちらも増加していくと考えられていますが、なってからどうするかよりも、ならないためにどうするかが重要です。
発症前に予防的な生活習慣を心がけましょう。

関連記事
人気記事一覧