血圧を測定する医者と薬
  • ホーム
  • 高血圧が原因のむくみはラシックスで改善

高血圧が原因のむくみはラシックスで改善

患者を話している医者

高血圧が原因で起こるむくみはラシックスを使用することで改善が可能となります。
心臓や腎臓、もしくは肝臓に働きが悪くなってしまうと、体に水分が溜まっていき浮腫みに繋がっていくわけです。
心不全では肺に水がたまり呼吸が苦しくなることもあります。

ラシックスは主要成分であるフロセミドの作用機構によって、腎臓の尿細管で塩分と水分の再吸収を抑えて、尿の量を増やすことによって血液の無駄な水分、及び血管壁のナトリウムが減るので血圧を下げることにつながります。

高血圧は初期段階では自覚症状がほとんどなく、むくみが出てきたときにはかなり状態が酷くなっていると考えてください。
仕組みとしては高血圧には常に血管に圧力がかかっている状態で、血圧が高くなると血管は高い負荷に対抗するように血管を厚くしていき、そうなると本来の弾力性が失われて硬くなり傷付きやすくなります。
さらに静脈に溜まった血液が圧力によって、血液の成分が血管の外に押し出されて体に余分な水分が溜まりむくみが起こるというわけです。

血行不良によるむくみは自力でも改善できますが、高血圧及び心臓病や腎臓病など病気が原因で起こる時には薬での治療が必要になります。
ラシックスのフロセミドは体内から余分な水分を輩出してくれるので改善に役立ちますが、人によっては副作用も出ますので服用には注意が必要です。
強力な利尿薬になるので、使用する時は医師の指示に従うことが必要です。

副作用としては薬の効き過ぎによって脱水症状や脱力感・めまい・しびれなどを起こします。
とくに高齢の方、他の降圧剤を併用して使用する時は気を付けてください。
血液中のカリウムやナトリウムが減ってしまう電解質失調も多く、だるい・力が入らない・喉が渇くといった症状が出ます。

そしてラシックスは体内から余分な水分を排出する作用がある強力な利尿薬ということで、病気の治療だけではなく、ダイエット目的で使う人もいます。
この時にはいくつか注意しなければいけなく、的確な使用方法を守ることが重要です。

余分な水分を排出できるためダイエットに使う人もいる

ラシックスは強力な利尿薬で体内の余分な水分を排出する作用があり、ダイエットに使う人もいます。
慢性的なむくみを持っていてマッサージなどでは解消できない、さらにその影響で体が冷えて代謝が低下すると、体重を落とすことができません。
こういった方には効果が期待できますが、利尿剤は基本的に脂肪そのものを燃焼して落とす効果はありませんので、浮腫みに悩んでいる人以外は副作用の方が、弊害が大きくなる可能性が高いです。

むくみがある状態では、細胞が栄養の取り込みが上手く行えなくなり、老廃物の排出も支障をきたしてしまい、その結果としてさらにむくんでしまうという悪循環に陥ってしまいます。
体内に余分な水分が多いと体温が下がってしまうので、脂肪が燃焼しにくく痩せにくい体となってしまうわけです。
そこでラシックスなど利尿薬を利用してむくみを解消することで、痩せやすい体を作り出せるようになります。

しかしラシックスは本来、高血圧治療のために使用される薬で、一般に販売されている利尿剤よりも効果が強力です。
そのため副作用も注意が必要になり、飲みはじめてすぐはめまいやしびれが起こる場合もあり、ダイエット目的で使用するには危険だと考えてください。
一般の利尿剤では効果がない時には試してみるのも良いですが、使用方法や副作用などを事前に確認することが必要です。

ダイエット目的の場合、病院では処方箋を出してもらえる薬局で購入することができません。
必要な時には個人輸入になりますが、法的な問題点をクリアするのは難しいです。
そこで個人輸入代理業を利用するのが良く、ランキングや口コミを利用して信頼できるところを見つけてください。
ただ本来は医薬品であることを理解して、必要最小限の使用に留めることが必要です。

関連記事
人気記事一覧