血圧を測定する医者と薬
  • ホーム
  • 血圧を下げる効果のある漢方について

血圧を下げる効果のある漢方について

高血圧の傾向にある場合、市販で購入することができる漢方には、釣藤散や大柴胡湯、黄連解毒湯や桃核承気湯などがあります。
これらの漢方薬は、血圧を下げるためのものではなく、症状である頭痛や立ちくらみ、動悸や耳鳴りなどの状態を治療することを目的に作られています。
結果的に高血圧が改善されたというものであり、降圧剤としての漢方ではないのです。
降圧剤は、市販で購入することができないクスリです。
必ず医師の処方によるものでなければならないため、高血圧を改善するための治療であれば、受診しなければなりません。

ストレスなどにより血圧が高くなると感じている人は、上昇すると頭痛や目がくらむなどの症状を引き起こします。
そういった症状をおさえ血の巡りを整える働きをするのが釣藤散です。
症状を改善することで血圧を下げる効果があり、肩こりなどの高血圧に伴う症状を改善してくれます。

大柴胡湯は、8種類の生薬から作られた代謝の働きを助ける漢方として注目されています。
肝臓の代謝機能が低下していると資質を燃焼することができず、余分な資質が血液中に入り込んでしまうため、肥満や便秘が慢性化している場合には改善薬として用いられています。
高血圧の方にとっては、食生活の見直しにもなり、その結果血圧を下げることにつながるのです。

漢方は服用する人の体力によっても使い分けられ、イライラの症状を抑える漢方でも中程度の体力の人であれば黄連解毒湯が適していることが多く、胃炎や不眠症、動悸や湿疹皮膚炎、また更年期障害ののぼせなどにも効果があります。
このイライラを改善することによって、上がった血圧を下げる効果があります。
桃核承気湯は、生理痛や生理不順など、おもに女性の悩みに効果を発揮する漢方です。
このような状態はイライラする、のぼせて赤くなる、また便秘や腰痛のほか頭痛や肩こりなどの高血圧にともなう症状を引き起こすため、それらを改善するため漢方です。

漢方も服用前は副作用を確認してお

市販されている漢方でも、注意や用量・用法を守らなければ副作用を起こすことがあります。
また高血圧の治療を受けている人は、自分で決めずに医師に相談し処方してもらうのがよいでしょう。

釣藤散の副作用としては、発疹・蕁麻診などの皮膚に異常が現れるもの、食欲不振や胃部の不快感、軟便や下痢、便秘などが報告されていて、副作用が疑われる場合には直ちに使用を中止しなければなりません。
また手足や顔のむくみや、手がこわばる・手足のしびれなどの症状が現れた場合には、すぐに医師の診療が必要です。

体力のあるがっちり体型の人に適応する大柴胡湯では、まれにアレルギー反応が生じることがあり、鼻炎や咳、皮膚に異常が現れるなどの症状が出た場合には服用を中止しましょう。
漢方でも副作用が出ないということではないので、その人の体質や状態にあったものを服用し、注意点や用量と用法を守ることが重要なのです。
副作用には、軽度なものと重度なものがあり、重い副作用としては、まれに間質性肺炎や肝障害をおこすことがあります。

漢方薬にはさまざまな生薬が配合されていることが知られていますが、そのなかに服用する人の体質に合わないアレルギー物質が含まれていると、副作用として表れることがあります。
軽度なものであれば、服用を中止することで症状が治まることもありますが、まれに重度の症状が現れる場合もあり、早急の受診を必要とする副作用もあるのです。

漢方は効き目が緩やかで安全と思われがちですが、体質に合わないものを服用することはけっして安全とは言えないのです。
どのような薬でも副作用の可能性があり、軽度の症状では、発疹や発赤、かゆみなどの皮膚に異常が現れるもの、重度の場合では、よく知られているスティーブンス・ジョンソン症候群や中毒性表皮壊死症などを引きおこすことがあり、いつもの薬でも服用後に違和感や異常を認めた場合には放置せず、医師に相談することが大切です。

関連記事