血圧を測定する医者と薬
  • ホーム
  • ミカルディスやオルメテックも血圧改善に有効

ミカルディスやオルメテックも血圧改善に有効

患者を診ている医者

高血圧など血圧改善に有効な薬として「ミカルディス」や「オルメテック」「ディオバン」があります。
どちらもアンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれている新しいタイプの降圧薬です。
作用的には従来のACE阻害薬に近いですが、特徴として副作用が起こる可能性が比較的低いところで、そのため高血圧の治療にこの系統が処方されることが増えてきました。

またカルシウム拮抗薬である「アダラート」も血圧改善に使用されることが多く、こちらは服用することで血管壁の細胞にカルシウムが入り込むことで起こってしまう血管の収縮をおさえます。
その結果、血管が広がり血圧を下げることができるわけです。

高血圧の問題は血管の収縮によって起こり、問題点を追究して正しく改善していくことが大切になります。
どのタイプが使われるのかは医者の診察や判断によって変わってきて、効果や副作用などを考えて決められます。
本人の持病や状態によっても変わってきますので、勝手な判断で薬を飲まない、止めないようにしてください。

ミカルディスをはじめ、これらの薬は高血圧と診察された後に処方されやすいもので、特徴としては体に与える影響が高くなっています。
1日1回の服用で24時間効果が続くので長期の治療に向いています。
錠剤タイプとなり、噛まずにそのまま多めの水やぬるま湯で飲み込んでいきます。
飲み忘れに注意が必要で、1度に2回分服用すると効果が高くなり過ぎるので、すぐに医者の診察を受けることが必要です。

飲みはじめると人によっては頭痛やめまい、体のだるさといった副作用を起こす場合があります。
だいたいの人は飲み続けていくうちに慣れてきますが、落ち着かない、症状が酷い時には病院で医師の診察を受けてください。
時には重篤な副作用が起こることもありますので、薬を飲みはじめてすぐは体調をチェックすることを心掛けることが必要になります。
ただどれも副作用が起こる可能性は低く、安全性は高いです。

病院で処方された医薬品を通販でまとめ買いする人も

高血圧治療に効果的なミカルディスやオルメテック、アダラートなどアンジオテンシンII受容体拮抗薬、カルシウム拮抗薬ディオバンは病院で診察を受ければ処方箋を出してもらえて、保険が適用されます。
しかしこれらの医薬品は保険が適用されても効果で、治療のためには長期間続けて行かなければいけないので、金銭がかかってしまうという問題が出てきます。
そこで人によっては通販を利用してまとめ買いをして、お得に手に入れる場合があります。

医薬品は薬事法によって個人輸入をするためには、原則として地方厚生局に必要な書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受けなければいけません。
これはかなり手間がかかってしまうので、まとめ買いでお得にと考えても面倒になってしまうはずです。

そういった時は個人輸入代行を利用するのが良く、調べればいくつか出てくるので利用すると簡単で安く手に入れることができます。
この時に大切なのは信頼できる代行先を見つけることで、利用する前に口コミや評判も調べておくと安心です。
自分自身で医薬品を個人輸入をするのは大変ですが、代行を利用すれば簡単にできるのでおすすめになります。
ただ薬であることを忘れず、安全性を第一に考えて代行先を見つけ出すことが重要です。

血圧改善をミカルディスなど薬を利用して行う場合、長期間続けることが多くなります。
そのため薬の価格は重要になり、保険が適用されても高額になる場合があり家計を圧迫してしまうことがあるかもしれません。
そういった時には少しでも安く手に入れられる方法を探すのも良く、途中で止めるという選択肢は逆に体調を悪化させてしまいます。
それゆえまとめ買いをして、安く手に入れることも選択にいれると役立ちます。

関連記事